1983…(A Merman I Should Turn To Be) – Jimi Hendrix |1983..(人魚になりたかった男) – ジミ・ヘンドリックス の歌詞和訳

1983-a-merman-i-should-turn-to-be-jimi-hendrix

youtubelogo

1983…
(ア・マーマン・アイ・シュッド・ターン・トゥ・ビー)
(人魚になりたかった男)
– ジミ・ヘンドリックス

ははは、昨日から起きてるぜ
まだ生きてる
だが、まだここは戦場のままだ
恋人のカトリーヌと俺は
最後に外を歩くことにした
海へ向かって喧騒の中を抜ける
死にに行くんじゃない
生まれ変わりに行くんだ
この命から離れて
ボコボコでズタズタだ…
このままずっと…

oh 分かるだろう
マジで酷い状態だ
地球上の隅々まで
自分の巣穴で闘ってる
でかい鉛筆やリップスティックみたいな
ものを持ってな
雨が降り続いていて
俺たちの足元の砂の色に
狂気の苦しみと
ひどい汚れを作り
海はまたたく間に
きらめく青から血のような赤へと..
またたく間に変化していく…..

ああ、なんてことだ
俺の友は、今や
俺たちと一緒にはいない
ひどいな
“俺たちが作り上げた
この機械は
俺たちを護ってはくれない”
そういうことなんだ
(だからみんな今日は
一緒にいてくれないんだ)
そしてこうも言ってる
“人間は水の中では
息ができず生きていけない..
決してな”
それがヤツらの言い分さ
(yeah)

そしてヤツらは俺の顔に向けて
こんな言葉を吐き出す:
こうさ、
まあ
お前は何がいいのか分かってるだろ
それは神の意思や王の所業すら
凌駕した望みだってな
(王の所業すら yeah yeah)

だから恋人と俺は
砂の上で愛し合う
最後の瞬間を祝うために
乾いた大地の上では
あの機械が、”仕事”を終えてしまった
なんの苦労もなく
その機能を存分に発揮して
俺たちの体を踏みにじった
そしてサヨナラさ

ヒトデと大きな泡が
俺たちを笑顔でお出迎え
俺たちの頭が水に漬かる前に
最後に、もはやどうでもいい
けたたましい騒音のする
方向を見つめた…
もうどうでもいい
どうでもいい

1983…
(A Merman I Should Turn To Be)

– Jimi Hendrix

Hurrah I awake from yesterday
alive
but the war is here to stay
so my love Catherina and me
decide to take our last walk
through the noise to the sea
not to die
but to be re-born
away from a life
so battered and torn….
forever…

oh say can you see
it’s really such a mess
every inch of earth
is a fighting nest
giant pencil
and lip-stick tube shaped things
continue to rain
and cause screaming pain
and the Arctic stains
from silver blue to bloody red
as our feet find the sand
and the sea is strait ahead..
strait ahead…..

well it’s too bad
that our friends
can’t be with us today
well that’s too bad
“the machine
that we built
would never save us”
that’s what they say
(that’s why they ain’t
coming with us today)
and they also said
“it’s impossible for man
to live and breath underwater..
forever”
was their main complaint
(yeah)

and they also threw this
in my face:
they said
anyway
you know good well
it would be beyond the will of God
and the grace of the King
(grace of the King yeah yeah)

so my darling and I
make love in the sand
to salute the last moment
ever on dry land
our machine has done its work
played its part well
without a scratch
on our bodies
and we bid it farewell

starfish and giant foams
greet us with a smile
before our heads go under
we take a last look
at the killing noise
of the out of style…
the out of style,
out of style

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。