Fireflies – Owl City|ファイアフライズ(ホタル) – アウル・シティー の歌詞和訳

OwlCity-Fireflies-300x300


youtubelogo

Fireflies

– Owl City

You would not believe your eyes
If ten million fireflies
Lit up the world as I fell asleep

‘Cause they’d fill the open air
And leave teardrops everywhere
You’d think me rude
But I would just stand and stare

I’d like to make myself believe
That planet Earth turns slowly
It’s hard to say that
I’d rather stay
Awake when I’m asleep
‘Cause everything is
never as it seems

‘Cause I’d get a thousand hugs
From ten thousand lightning bugs
As they tried to teach me
how to dance

A foxtrot above my head
A sock hop beneath my bed
A disco ball is just
hanging by a thread

I’d like to make myself believe
That planet Earth turns slowly
It’s hard to say that
I’d rather stay
Awake when I’m asleep
‘Cause everything is
never as it seems
When I fall asleep

Leave my door open just a crack
(Please take me away from here)
‘Cause I feel like such an insomniac
(Please take me away from here)
Why do I tire of counting sheep
(Please take me away from here)
When I’m far too tired
to fall asleep

To ten million fireflies
I’m weird ‘cause I hate goodbyes
I got misty eyes
as they said farewell

But I’ll know where several are
If my dreams get real bizarre
‘Cause I saved a few
and I keep them in a jar

I’d like to make myself believe
That planet Earth turns slowly
It’s hard to say that
I’d rather stay
Awake when I’m asleep
‘Cause everything is
never as it seems
When I fall asleep

I’d like to make myself believe
That planet Earth turns slowly
It’s hard to say that
I’d rather stay
Awake when I’m asleep
‘Cause everything is
never as it seems
When I fall asleep

I’d like to make myself believe
That planet earth turns slowly
It’s hard to say that
I’d rather stay
Awake when I’m asleep
Because my dreams are
bursting at the seams

ファイアフライズ
(ホタル)
– アウル・シティー

君は自分の目が信じられないだろう
もし、1000万匹のホタルが
僕が眠りに落ちると同時に世界を照らす

だって、やつ等は中空を埋め尽くして
そこかしこに涙を残す
君は、僕が失礼だと思うかもしれない
でも、僕は突っ立って睨みつけるだけだろう

僕は自分を信じ込ませたいんだ
この地球がゆっくり回っているって
言いづらいことだけど、
僕が眠っている時にこそ
目覚めていたいんだ
だって、全てがいつもの様子とは
全く違うんだから

1000回の抱擁を
1万匹の輝く虫から受け取って
僕にダンスの踊り方を
教えようとしてたんだ

頭の上でフォックストロット・ダンスが
ベッドの下ではカジュアルなダンスパーティーが
ディスコボールが糸に吊るされて

僕は自分を信じ込ませたいんだ
この地球がゆっくり回っているって
言いづらいことだけど、
僕が眠っている時にこそ
目覚めていたいんだ
だって、全てがいつもの様子とは
全く違うんだから
僕が眠っている時

ドアをひび割れみたいに空けておいて
(僕をここから連れ出してくれ)
だって、こんな不眠症みたいに感じて
(僕をここから連れ出してくれ)
どうして僕は、
羊を数えるのに疲れてしまったんだ
(僕をここから連れ出してくれ)
眠りにつくには
疲れすぎてしまった時に

1000万のホタルに
僕は変なんだ、だってサヨナラが嫌いだから
やつ等がサヨナラを言うと同時に
僕の目に靄がかかった

でも、僕はまたいくつかの場所を見つけるだろう
もし僕の夢が本当に変になったら
だって、僕は、少しだけ捕っておいて、
やつ等をジャーの中に入れているから

僕は自分を信じ込ませたいんだ
この地球がゆっくり回っているって
言いづらいことだけど、
僕が眠っている時にこそ
目覚めていたいんだ
だって、全てがいつもの様子とは
全く違うんだから
僕が眠っている時

僕は自分を信じ込ませたいんだ
この地球がゆっくり回っているって
言いづらいことだけど、
僕が眠っている時にこそ
目覚めていたいんだ
だって、全てがいつもの様子とは
全く違うんだから
僕が眠っている時

僕は自分を信じ込ませたいんだ
この地球がゆっくり回っているって
言いづらいことだけど、
僕が眠っている時にこそ
目覚めていたいんだ
だって、僕の夢が縫い目から
あふれ出してきてるから

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。