Heaven’s Light – 映画:ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame) |ヘブンズ・ライト(天の光) の歌詞和訳

youtubelogo

ヘブンズ・ライト
邦題:天使が僕に
(天の光)

カジモド
何度も何度も外の世界で
幸せな2人を見てきた
夜に歩く恋人たちを
彼らは光に包まれて
まるで天の光のようだった

もしかしたらなんて願っていても
そんな温かさや愛の光など
私には無縁だと分かってる
私の顔ほど醜いものはない
天の光なんて全く関係のないもの

でも突然、天使が私に微笑みかけた
そして恐れることなく
私の頬に触れたんだ
今夜この鐘を鳴らして
私の事を思ってくれと
彼女を夢見てもいいんだろうか

この冷たく暗い塔が輝いて見える
そう、これが天の光なんだ

Heaven’s Light
– 映画:ノートルダムの鐘
(The Hunchback of Notre Dame)

QUASIMODO
So many times out there
I’ve watched a happy pair
Of lovers walking in the night
They had a kind of glow around them
It almost looked like Heaven’s light

I knew I’d never know
That warm and loving glow
Though I might wish with all my might
No face as hideous as my face
Was ever meant for Heaven’s light

But suddenly an angel has smiled at me
And kissed my cheek
without a trace of fright
I dare to dream that she
Might even care for me
And as I ring these bells tonight

My cold, dark tower seems so bright
I swear it must be Heaven’s light

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。