Hotel California – The Eagles|ホテル・カリフォルニア – イーグルス の歌詞和訳

Hotel-California-IANEagles-300x300

youtubelogo

Hotel California
– The Eagles

On a dark desert highway,
Cool wind in my hair,
Warm smell of “colitas”
Rising up through the air,
Up ahead in the distance
I saw a shimmering light,
My head grew heavy
and my sight grew dim,
I had to stop for the night.

There she stood in the doorway,
I heard the mission bell
And I was thinkin’ to myself :
“This could be heaven
and this could be hell”
Then she lit up a candle,
And she showed me the way,
There were voices down the corridor,
I thought I heard them say

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
(Such a lovely place)
Such a lovely face
Plenty of room at the Hotel California,
Any time of year,
(Any time of year)
You can find it here

Her mind is Tiffany-twisted,
She got the Mercedes bends
She got a lot of pretty, pretty boys
she calls friends
How they dance in the courtyard,
Sweet summer sweat
Some dance to remember,
Some dance to forget

So I called up the Captain
“Please bring me my wine”
He said,
“We haven’t had that spirit here
Since nineteen sixty-nine”
And still those voices
are calling from far away,
Wake you up in the middle of the night
Just to hear them say:

Welcome to the Hotel California,
Such a lovely place,
(Such a lovely place)
Such a lovely face
They’re livin’ it up
at the Hotel California,
What a nice surprise,
(What a nice surprise)
Bring your alibis

Mirrors on the ceiling,
The pink champagne on ice,
and she said:
“We are all just prisoners here,
Of our own device”
And in the master’s chambers
They gathered for the feast,
They stabbed it
with their steely knives,
But they just can’t kill the beast

Last thing I remember,
I was running for the door,
I had to find the passage back
to the place I was before,
“Relax,” said the night man,
“We are programmed to receive,
You can check out anytime you like…
but you can never leave”

ホテル・カリフォルニア
– イーグルス

暗い砂漠のハイウェイで
冷たい風が俺の髪の毛をすく
“コリタス(マリファナ)”の暖かい匂い
空気の中に立ち込める
遠く向こうの方で
俺はチラチラとゆれる光を見た
俺の頭は重たく、
俺の視界は薄暗い
俺は夜を越すために止まらなきゃいけなかった

そこで女が廊下に立っていた
俺は礼拝の鐘の音を聞いたんだ
それから俺は頭の中で考えた:
“ここは天国かもしれないし、
地獄かもしれない”
そうしたら、女がロウソクに火を灯し
そして女は俺に道を示した
回廊を響き渡ってくる声が聞こえてきて
俺は、やつ等がこう言っているんだって思った

ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ
ここは良いところだぜ、
(ここは良いとこさ)
こんなに素敵な面構えの
ホテル・カリフォルニアにはたくさんの部屋がある
1年中いつだって、
(1年中いつだって)
お前はここで見つけられるさ

女の頭はティファニーツイスト
女はメルセデスの曲線美に負けない
女にはたくさんのかわいい、かわいい男がいる
ただの友達と呼ばれている
どうやってやつ等は中庭で踊るんだ
甘い夏、甘い
何人かは思い出すために踊り
何人かは忘れるために踊る

そう、俺は責任者を呼び出した
“ワインを持ってきてくれ”
彼は言った
“スピリッツはここにはないんだよ
1969年からずっとね”
それでもなお声は
遠くから呼びかけてくるんだ
お前を真夜中に呼び起こす
それを聞くに、やつ等は言うんだ:

ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ
ここは良いところだぜ、
(ここは良いとこさ)
こんなに素敵な面構えの
やつ等はこのホテル・カリフォルニアに
住み着いているんだ
なんて嬉しい驚きだろう、
(なんて嬉しい驚きだ)
お前のアリバイになるぜ

天井につけられた鏡
ピンクシャンパン・オン・ザ・ロック、
そして女は言った:
“私たちはみんなここの囚人なのよ
私たち自身で作り上げたのよ”
そして主人の間の中で
やつ等はご馳走を集めていたのさ
やつ等は、
そのスチールのナイフで突き刺していた
でもやつ等は、ただコカインを殺すことはできなくて

最後に俺が覚えていること、
俺は扉を目指して走っていた
俺がさっきまでいた場所に戻る道を
見つけなくちゃならなかったんだ
“リラックスしろ”、闇の男が言った”
我々は受け入れるように作られている
君がしたい時にいつだってチェックアウトできるさ…
だが逃げ出すことはできない”

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。