I Shot The Sheriff – Bob Marley|アイ・ショット・ザ・シェリフ(俺は保安官を撃った) – ボブ・マーリー の歌詞和訳

i-shot-the-sheriff-bob-marley

youtubelogo

 
I Shot The Sheriff

– Bob Marley

(I shot the sheriff
But I didn’t shoot no deputy,
oh no! Oh!
I shot the sheriff
But I didn’t shoot no deputy,
ooh, ooh, oo-ooh.)
Yeah! All around in my home town,
They’re tryin’ to track me down;
They say
they want to bring me in guilty
For the killing of a deputy,
For the life of a deputy.
But I say:

Oh, now, now. Oh!
(I shot the sheriff.) – the sheriff.
(But I swear it was in selfdefence.)
Oh, no! (Ooh, ooh, oo-oh) Yeah!
I say: I shot the sheriff – Oh, Lord! –
(And they say it is a capital offence.)
Yeah! (Ooh, ooh, oo-oh) Yeah!

Sheriff John Brown always hated me,
For what, I don’t know:
Every time I plant a seed,
He said kill it before it grow –
He said kill them before they grow.
And so:

Read it in the news:
(I shot the sheriff.) Oh, Lord!
(But I swear it was in self-defence.)
Where was the deputy? (Oo-oo-oh)
I say: I shot the sheriff,
But I swear it was in selfdefence.
(Oo-oh) Yeah!

Freedom came my way one day
And I started out of town,
yeah!
All of a sudden
I saw sheriff John Brown
Aiming to shoot me down,
So I shot – I shot
– I shot him down and I say:
If I am guilty I will pay.

(I shot the sheriff,)
But I say
(But I didn’t shoot no deputy),
I didn’t shoot no deputy
(oh, no-oh), oh no!
(I shot the sheriff.) I did!
But I didn’t shoot no deputy.
Oh! (Oo-oo-ooh)

Reflexes had got the better of me
And what is to be must be:
Every day the bucket a-go a well,
One day the bottom a-go drop out,
One day the bottom a-go drop out.
I say:

I – I – I – I shot the sheriff.
Lord, I didn’t shot the deputy.
Yeah!
I – I (shot the sheriff) –
But I didn’t shoot no deputy,
yeah! No, yeah!

 
アイ・ショット・ザ・シェリフ
(俺は保安官を撃った)
– ボブ・マーリー

(俺は保安官を撃った
だが代行者は撃ってないぜ*
oh no! Oh!
俺は保安官を撃った
だが代行者は撃ってないぜ
ooh, ooh, oo-ooh.)
Yeah! 俺の地元の街中で
みんなが俺を捕まえようとしているんだ;
いわく
奴らは俺を有罪にしたいらしいぜ
代行者殺害の罪でな
代行者の命と引き換えに
だが、俺は:

Oh, 今、今だ Oh!
(俺は保安官を撃った) – 保安官なんだよ
(がだ、誓ってあれは正当防衛さ)
Oh, no! (Ooh, ooh, oo-oh) Yeah!
俺は言う: 俺は保安官を撃った – ああ、主よ!
(そしてそれは死刑に値するって言うんだ)
Yeah! (Ooh, ooh, oo-oh) Yeah!

保安官ジョン・ブラウンはいつも俺を嫌っていた
何のため、知らないよ:
いつだって、俺は種を蒔いていた
奴はそれが育つ前に殺すと言っていた
奴はみんなが育つ前に殺すと言っていた
そしてそうさ:

ニュースでこう読んだのさ:
(俺は保安官を撃った) Oh, 主よ!
(だが、誓ってそれは正当防衛だったんだ)
代行者はどこにいたんだ?(Oo-oo-oh)
俺はこう言う: 俺は保安官を撃った
だが、誓ってそれは正当防衛だったんだ
(Oo-oh) Yeah!

自由がいつの日か俺のところへやってくる
そしたら俺はこの街を出るんだ
yeah!
全て突然の出来事さ
俺は、保安官ジョン・ブラウンを見た
奴は俺に狙いをつけて撃ち殺そうとしていた
だから、俺は撃った – 俺は撃った
俺は奴を撃ち殺して、そして言う:
もしも俺が本当に有罪なら、償うさ

(俺は保安官を撃った)
だがこう言う
(だが代行者は撃ってないぜ),
俺は代行者は売ってない
(oh, やってない-oh), oh やってない!
(俺は保安官を撃った) やったよ!
だが代行者は撃ってないぜ
Oh! (Oo-oo-ooh)

色々思い返してみたほうがいいな
結局なるべきようになったのさ:
毎日バケツで井戸水を汲んでいると*
いつかは、底が抜けるだろうさ
いつかは、底が抜けるだろうさ
俺は言う:

俺 – 俺 – 俺 – 俺は保安官を撃った
主よ、代行者は撃ってないぜ
Yeah!
俺 – 俺は(保安官を撃った) –
だが代行者は撃ってないぜ
yeah! やってない yeah!

deputy の意味:代行者、法の代行者。正義を以って裁きを行うもの。
つまり、保安官は殺したが、その人は正義の代行者ではなかった。という意味。

a-go はジャマイカの英語で未来を表す表現。

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。