Our House – Madness|アワ・ハウス(俺達の家) – マッドネス(狂気) の歌詞和訳

madness

youtubelogo

 
Our House
– Madness

Father wears
his Sunday best
Mother’s tired she needs a rest
The kids are playing up downstairs
Sister’s sighing in her sleep
Brother’s got a date
to keep
He can’t hang around

Our house,
in the middle of our street
Our house,
in the middle of our

Our house it has a crowd
There’s always something happening
And it’s usually quite loud
Our mum she’s so house-proud
Nothing ever slows her down
And a mess is not allowed

Our house,
in the middle of our street
Our house,
in the middle of our

Our house,
in the middle of our street
(Something tells you that
you’ve got to get away from it)
Our house,
in the middle of our

Father gets up late for work
Mother has to iron his shirt
Then she sends the kids to school
Sees them off with a small kiss
She’s the one they’re going to miss
In lots of ways

Our house,
in the middle of our street
Our house,
in the middle of our

I remember way back then
when everything was true
And when we would have
such a very good time
Such a fine time,
such a happy time
And I remember
how we’d play simply
waste the day away
Then we’d say nothing
would come between us,
two dreamers

Father wears
his Sunday best
Mother’s tired she needs a rest
The kids are playing up downstairs
Sister’s sighing in her sleep
Brother’s got a date
to keep
He can’t hang around

Our house,
in the middle of our street
….
Our house,
in the middle of our

Our house,
was our castle and our keep
Our house,
in the middle of our street
Our house,
that was where we used to sleep
Our house,
in the middle of our street
Our house,
in the middle of our street

 
アワ・ハウス(俺達の家)
– マッドネス(狂気)

父さんがいつも日曜日に着る
ベストを着ている
母さんは疲れていて休息が必要さ
子供たちは下の階で遊びまわっていて
姉ちゃんは居眠りで高いびき
アニキは行かなきゃいけない
デートがあるから
ダラダラ遊んでるられない

俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
俺達の家、
真ん中にある

俺達の家、人が集う
いつだって何かがある
そして普段からかなりうるさい
俺達の母さんはとっても家自慢だ
何も彼女をゆっくりさせてはくれない
そして散らかすことは許されない

俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
俺達の家、
真ん中にある

俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
(何かが俺に、
そこから出て行かなきゃって教えるんだ)
俺達の家、
真ん中にある

父さんが仕事に行くために遅くに起きて
母さんは父さんのシャツにアイロンをあてなきゃならない
それから子供たちを学校に行かせる
ちっちゃなキスでお見送り
母さんのことだけが子供たちの心残り
色んな意味でね

俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
俺達の家、
真ん中にある

全てが正解だった時代まで
さかのぼって思い出す
それから俺達が
本当にいい時代を過ごしたことを
あんなに良かった時、
あんなに楽しかった時間
それから俺達が1日をまるっきり
無駄遣いするように遊んだことを
それで俺達は、
俺達を引き裂くものなんて
ないって言うんだ、
夢多き2人

父さんがいつも日曜日に着る
ベストを着ている
母さんは疲れていて休息が必要さ
子供たちは下の階で遊びまわっていて
姉ちゃんは居眠りで高いびき
アニキは行かなきゃいけない
デートがあるから
ダラダラ遊んでるられない

俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
….
俺達の家、
真ん中にある

俺達の家、
俺達の城で俺達の絆だった
俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
俺達の家、
俺達が眠っていた場所さ
俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある
俺達の家、
俺達の通りの真ん中にある

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。