Sagaba – Blue Scholars |サガバ(苦しみ) – ブルー・スカラーズ の歌詞和訳

youtubelogo

サガバ
(苦しみ)
– ブルー・スカラーズ

女が階段に座って
タバコを指先で遊ばせている
緩やかな死を吸い込む
器用にその唇から吸い込む
キスを吐き出す
彼女が持つ不思議な引力に
俺は無駄な抵抗をするのさ
彼女の名前を聞いてしまい
こう応える “サガバ”
なんて意味だ? 彼女はこう言う
“イロカノ語で
苦しみって訳される言葉”
俺は会話を弾ませるために
怖がらせないような気分にさせる
皮肉でも言おうと考えていた
彼女はタバコの箱を差し出してきた
俺はそれを断った
俺がチェーンスモーカーだった頃を
思い出したんだ
希望もなく打ちひしがれてた
彼女の話す言葉や態度みたいに
ムチャクチャだったんだ
俺達は2人とも
癒しと記憶を
探しているんだ
そしてこうも思ってる
もし奇跡が訪れたらって
女と男の間の事も
想像するだけなら
それは何の罪にもならない
母の手助けで
成長してきたとしても
そこで話を止める
鼓動がゆっくりになるのを待って
風の中に散らばった
息を吸いこみながら
思考をかき集め始める…

今は
その美しい女が彼女の夢を
吐き捨てる事が嫌だった
それに、輝かしい明日なんて
絶対に訪れないと言う事も
俺はこう言った、前にもいたよ
君みたいな女がいたってね
美しい女だが
競争の論理に捻じ曲げられ
自分たちの嘘を
正当化するような男達に
疲れてしまったような女
そして宿命が輪廻する時には
その鎧の中に隠れている
彼女が答えたのは
俺がそういう女のことを
よく分かっていたからだ
全てを理解しているわけではない
彼女は話を切り上げようとする
目は空を眺めている
ため息をついた。俺には誰も必要ない
マジで本当に、なあ
でも君には誰かが
必要だろ
他人の事を何も知らなければ
自分たちの事も何も知れない
そして孤独の中において
自分のホームが地獄に変わる
息を吐きだす
そのタバコの煙がこの静けさの中で
最も大きなの音を立てる
その煙が立ち昇るのが
まるで地平線から昇る太陽のようで
そこで話を止める
鼓動がゆっくりになるのを待って
雲の中に散らばった
息を吸いこみながら
思考をかき集め始める…

夢が灰になってしまい
風に焼け散らされ
打ち砕かれて
彼女の手に持たれている
燃え尽きない草から飛び去る *
誰かが “その言葉” を囁く
笑顔を浮かべ感謝を述べる
これ以上は疑いの中にはいない
彼女が後に苦しまないために
なぜ今苦しむ必要があるのか
そう歌った歌の謎を
理解した
その憎しみをなだめるには
十分じゃなかった
その憎しみが
愛の不在をいいことに
癌を生み出したのだろうか
そしてその不在は
俺達の運命へのチャレンジする
そのチャンスを失わせ
そして俺達の名を失わせて
隙間を残すのみ
彼女は言った
雨と変化に
平和と祈りがありますように
ライターをパチンと跳ねて
その何もない場所から歩いていく
そして実際に雨が降り始める *
それから俺はこの歌を書いた
イメージを膨らませ
着実に歩いていく女王
楽々と
全てを手に入れる女に
なるために
そしてここで物語は終わり
ビートがフェードアウトするのを待って
そんな1日の
端っこの方で
考えをまとめ上げていく…

Sagaba

– Blue Scholars

Sister sits on the steps
Cigarette rests on fingertips
Takes a sip of slow death
deftly through her lips
She blows a kiss
Which I can only resist in vain
She got the gift of gravity
pulling to ask her name
She says, “Sagaba”
What’s it mean? She says,
“In Ilocano
It translates into suffering.”
I’m pondering the irony
to conjure up the fearlessness
to find a conversation
She offers me a square,
I decline the invitation
It reminds me of the days
when I would chain smoke
Broken with no hope
Like broken
like the manner she spoke
We both
Two people seeking
Solace and remembrance
And wondering
if miracles were meant for us
But intent was just an innocent
thought between
a sister and a brother
Who been building
in the guidance of a mother
And the storyteller stops
Waiting for the beat to drop
Gathering his thoughts
in the wind,
breathing in like…

Now
I couldn’t stand to see
the queen breathe her dreams away
And tell me her tomorrow
will never become today
I say I used to know
a woman just like you
Beautiful but jaded
by the multitude of men
who’d often try to
Justify their lies
with twisted notions of survival
And hide behind their armor
when karma completes a cycle
She replied
That just because
I knew a woman well
it doesn’t mean I know them all
She begins to bade farewell
Eyes up to the sky,
she sighs, I need nobody
True indeed, sister,
but you still need
everybody because
We hardly know ourselves
if we know nobody else
And only in our loneliness
can home become a hell
Exhale
The cloud in the loudest
form of silence
Watches as it rises
like suns over horizons
The storyteller stops
Waiting for the beat to drop
Gathering his thoughts
in the cloud,
breathing out like…

Dreams be the ashes
Burns and thrashing
in the wind
Flying out the burning bush
attached to sister’s hand
Who whispers, “word”
Smiling and giving thanks,
living in doubt no longer
As she figures out
the riddle to the song
Saying why must we suffer now
to not suffer later if later
Never comes soon enough
to soothe the hatred
And hatred
Is the cancer born out
of love’s absence
And the absence is
the void left
from missing every chance to
Challenge our fates
and perhaps our very names
Sister says
peace and prayers
for rain and change
Tosses out her lighter
Walks out of the cipher
For shizzle it starts to drizzle
and then I begin to write this
Inhale the imagery
a queen walking steadily
Effortlessly
Ready to be
Every woman and now the
Story teller ends
Waiting for the beat to fade
Gathering his
thought near the edge
of the day like…

* Sagabaの意味:イロカノ語(フィリピン北部のマレー語系の言葉)で「苦しみ」のこと。
* burning bushの意味:聖書の中で、燃えても燃え尽きない芝として紹介されている。ただ、ここでは女の持っているタバコにかけている。
* shizzleの意味:黒人のスラングなどで使われる、Sure(確かに)の意味。

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。