Sounds Of Silence – Simon & Garfunkel|サウンド・オブ・サイレンス(沈黙の音) – サイモンとガーファンクル (サイモン&ガーファンクル) の歌詞和訳

sounds_of_silence-300x300

youtubelogo

Sounds Of Silence

 
– Simon & Garfunkel

Hello darkness
my old friend
I’ve come to talk with you again
Because a vision
softly creeping
Left its seeds
while I was sleeping
And the vision that
was planted in my brain
Still remains
Within the sound of silence

In restless dreams I walked alone
Narrow streets of cobblestone
‘Neath the halo of a street lamp
I turned my collar
to the cold and damp
When my eyes were stabbed
by the flash of a neon light
That split the night
And touched the sound of silence

And in the naked light I saw
Ten thousand people, maybe more
People talking without speaking
People hearing without listening
People writing songs
that voices never share
And no one dared
Disturb
the sound of silence

“Fools”, said I,
“You do not know
Silence like a cancer grows
Hear my words that
I might teach you
Take my arms that
I might reach you”
But my words,
like silent raindrops fell
And echoed
In the wells of silence

And the people bowed and prayed
To the neon god
they made
And the sign flashed
out its warning
In the words that it was forming
And the sign said,
“The words of the prophets
are written on the subway walls
And tenement halls”
And whispered
in the sounds of silence

サウンド・オブ・サイレンス
(沈黙の音)
– サイモンとガーファンクル
(サイモン&ガーファンクル)

こんにちは暗闇
僕の古い友達
君とまた話すために来た
なぜなら幻影が
ゆっくり忍び寄ってきて
僕が眠っている間に
その種を残していった
そして僕の頭に
植え付けられた幻影が
今でも残っている
沈黙の音の中で

狭い玉砂利の道を1人で歩いていた
安らぎのない夢の中で
外灯の円光の下で
寒さと湿気に
僕は襟を立てた
ネオンライトの輝きが
僕の目にささった時
それが夜を割った
そして沈黙の音に触れた

そして裸の光の中で僕は見た
1万人の人、またはそれ以上の
人々は声を出さずに話し合っていて
人々は音を受けとらずに聞いていて
人々は決して声を共有することのない
歌を書いていて
そして誰一人として
その沈黙の音を
邪魔する勇気を持てなかった

“バカ野郎”, 僕は言った
“君らは知らない
ガンみたいな沈黙が成長して
君に伝えるべき
僕の言葉を聞いて
君に届くべき
僕の腕を奪う”
でも僕の言葉は、
静かな雨粒の滴りのようで
そして鳴り響いて
沈黙の井戸の中で

そして人々はお辞儀をし、祈った
彼らの作り出した
ネオンの神様に向かって
そしてネオンサインは
光って警告し始めた
形づくられていた言葉の中で
サインは言った、
“預言者の言葉は
地下鉄の壁と
長屋の踊り場に書かれている”
そして沈黙の音の中で
囁いた

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。