Tempest – Bob Dylan |テンペスト(嵐) – ボブ・ディラン の歌詞和訳

tempest-bob-dylan

youtubelogo

テンペスト
(嵐)
– ボブ・ディラン

白い月、バラは輝きを増す
西の街を出港していく
彼女は素晴らしい船が沈没した
悲しい悲しい物語を語りだした

それは4月の15日のこと
彼女がその波を乗り越え
明日へと向けて漕ぎ出した
成金時代の訪れを感じさせた

その夜はとても暗く
星が輝いていた
海は凛として澄み渡り
影がすり抜けていく
約束の時はすぐそこだった

光はしっかりと灯っていた
泡を割って進んで行く
主人や夫人たちはみんな
終の住み家へと進んで行くの

欄干の上で
シャンデリアが揺れていた
消えていく愛の歌を
オーケストラが演奏していた

ダンスホールでみんながくるくる踊り
見張り役の人は、うとうとしていた
彼は夢を見ていた
タイタニックが海底へと
沈んでいく夢を

レオはスケッチブックを取り出し
彼は度々スケッチしたがった
彼は目を閉じ絵を描いた
景色は彼の頭の中

天使が彼の胸を突いた
そしてその胸を打ち砕いた
身を寄せ合った女性
彼は彼女の膝の間に身をうずめた

彼は大きな騒動を聞きつけた
何か変な音だ
彼の心はこう忠告した
ここには長く居てはいけないと

彼は甲板でよろめいて
眠っている時間はない
甲板に水が登ってきて
すぐ3フィートも水に漬かってしまった

煙突が斜めに傾いていく
思い船尾が崩れ始める
つむじ風の中へと飛び込んでいった
空が真っ二つに割れていく

船が海底へと沈んでいく
地球が口を広げる
名前を呼ぶ声がする
天使がそっぽを向いた

明かりがホールに落下し
明かりが明滅を繰り返す
船体の二重底で
既に死体があちこちに浮かんでいた

エンジンが爆発し
プロペラがおかしな動きをする
ボイラーが暴走し
船は真っ二つになってしまった

乗客は飛ばされた
後ろへ、前へ、遠く早く
みんなもみくちゃになり
転げまわっている
誰もが何よりも疲弊していた

12時から1時の間で
ヴェールは真っ二つに破られ *
どうしようもない
決して起きたことは元には戻らない

見張り役はそこで夢を見ていた
45度に傾いて
タイタニックが膝を折り
沈んでいく
そんな夢を見ていた

ウェリントンは眠っていた
彼のベッドは滑り始め
勇敢な心が激しく打つ
彼はテーブルを押しのけた

砕けたクリスタルガラス
辺り一面を埋め尽くしていた
彼は2本の銃を持った
どれぐらい持ちこたえられるだろうか

彼のお付と取り巻きは
どこにも見当たらない
彼を待っていたのは
空虚な時間が生み出す静寂だけ

その通路は狭く
闇が満たされていた
様々な悲しみを経験した
あちこちからうめき声が聞こえた

警報ベルが鳴り渡り
うねる波を押しとどめていた
友達や恋人たちがお互いに
寄り添って捉まっていた

母とその娘達が
階段を降りていき
凍える水の中へと飛び込んでいった
愛と哀れみを祈ろう

お金持ちの、アスターさん
最愛の奥さんにキスをした
彼の人生でこれが最後の旅になると
予想することなんてできなかった

カルヴィン、ブレイク、ウィルソン
暗闇の中で賭けをしていた
生き残りって船から降り
この話を伝えることはできないだろうと

兄弟は向かい合って
この状況に対して言い合いをしていた
彼等は言い争い
お互いにののしっていた
まるで死のダンス

沈みゆく船から
ライフボートを下ろして
裏切り者もいた
欺く者もいた
背骨や首が折れた人たち

司祭は彼の部屋を去り
助けを求める人を助けようとした
“不幸な物たちに幸あれ”と言い
彼は天へと視線を上げた

デイビーは売春宿の主
少女を見捨てて外へ出た
水が迫ってきているのを知り
世界が一変した事を知った

ジム・バッカスは笑っていた
彼は泳ぎ方など習った事がなかった
松葉杖の少年を見つけ
彼に救命ボートの席を譲った

星が輝くのを見て
東からやってくるうねり
死が迫ってきていた
それでも彼の心は平静だった

彼等はハッチを閉じていた
それでもハッチは閉まってくれず
銅と磨かれた金でできた階段に
押し寄せる波に飲まれた

レオがクレオに言った
俺は狂ってしまうかもしれない
でもヤツらは既にイカれてる
以前どんなヤツだったとしてもね

危険から逃れるために
彼はドアを閉ざそうとしていた
彼の腕を伝い
傷からは血が流れていた

花びらが散り
全て散ってしまった
長く酷い時
魔女の呪いはまだ続いている

船長はブランデーをあおっていた
ゆっくりと沈んでいく
彼は沈みゆく中そこに残って
最後の1人となろうとしていた

他にも沢山、沢山の人がいた
名前も知らない、無数の人たち
部屋を出ることもなく
決して海へと出ることは無かった

見張り役の人は、夢を見ていた
その事件は起こってしまった
タイタニックが沈んでいく夢
みんなに危険を知らせようとしていた

キャプテンは殆ど息ができなかった
操舵輪の前で膝をつき
上下を
5万トンの鉄の塊に囲まれて

彼はコンパスに目をやった
その盤面をじっと見つめた
コンパスの針は下を指していた
彼は航路を外れたことを知った

暗い電飾の中
過ぎ去った過去を思い出していた
彼はヨハネの黙示録を読み
彼のコップは涙で溢れていた

死神が仕事を終えたとき
6000人が永遠の眠りへと導かれた
良き人も、悪き人も、金持ちも貧乏人も
愛しい人も、最愛の人も

上陸できる瞬間を待った
みんな状況を理解しようとしていた
でもこんな神の裁きなど
納得できるわけもなかった

このニュースが電話で伝わり
死とともに衝撃を与えた
愛はその燃える力を失い
全てはあるべき所へ流れていった

見張り役の人は、夢を見ていた
全てのことは現実になりえた
タイタニックが沈んでいく夢
青く深い海の底へと

Tempest

– Bob Dylan

The pale moon rose in its glory
Out o’er the Western town
She told a sad, sad story
Of the great ship that went down

T’was the fourteenth day of April
Over the waves she rode
Sailing into tomorrow
To a gilded age foretold

The night was black
with starlight
The seas were sharp and clear
Moving through the shadows
The promised hour was near

Lights were holding steady
Gliding over the foam
All the lords and ladies
Heading for their eternal home

The chandeliers were swaying
From the balustrades above
The orchestra was playing
Songs of faded love

The watchman, he lay dreaming
As the ballroom dancers twirled
He dreamed
the Titanic was sinking
Into the underworld

Leo took his sketchbook
He was often so inclined
He closed his eyes and painted
The scenery in his mind

Cupid struck his bosom
And broke it with a snap
The closest woman to him
He fell into her lap

He heard a loud commotion
Something sounded wrong
His inner spirit was saying
That he couldn’t stand here long

He staggered to the quarterdeck
No time now to sleep
Water on the quarterdeck
Already three foot deep

Smokestack was leaning sideways
Heavy feet began to pound
He walked into the whirlwind
Sky splitting all around

The ship was going under
The universe had opened wide
The roll was called up yonder
The angels turned aside

Lights down in the hallway
Flickering dim and dull
Dead bodies already floating
In the double bottom hull

The engines then exploded
Propellers they failed to start
The boilers overloaded
The ship’s bow split apart

Passengers were flying
Backward, forward, far and fast
They mumbled, fumbled,
and tumbled
Each one more weary than the last

The veil was torn asunder
‘Tween the hours of twelve and one
No change, no sudden wonder
Could undo what had been done

The watchman lay there dreaming
At forty-five degrees
He dreamed that
the Titanic was sinking
Dropping to her knees

Wellington he was sleeping
His bed began to slide
His valiant heart was beating
He pushed the tables aside

Glass of shattered crystal
Lay scattered roundabout
He strapped on both his pistols
How long could he hold out?

His men and his companions
Were nowhere to be seen
In silence there he waited for
Time and space to intervene

The passageway was narrow
There was blackness in the air
He saw every kind of sorrow
Heard voices everywhere

Alarm-bells were ringing
To hold back the swelling tide
Friends and lovers clinging
To each other side by side

Mothers and their daughters
Descending down the stairs
Jumped into the icy waters
Love and pity sent their prayers

The rich man, Mister Astor
Kissed his darling wife
He had no way of knowing
Be the last trip of his life

Calvin, Blake, and Wilson
Gambled in the dark
Not one of them would ever live to
Tell the tale or disembark

Brother rose up ‘gainst brother
In every circumstance
They fought and
slaughtered each other
In a deadly dance

They lowered down the lifeboats
From the sinking wreck
There were traitors,
there were turncoats
Broken backs and broken necks

The bishop left his cabin
To help all those in need
Turned his eyes up to the heavens
Said, “The poor are yours to feed”

Davey the brothel-keeper
Came out dismissed his girls
Saw the water getting deeper
Saw the changing of his world

Jim Backus smiled
He never learned to swim
Saw the little crippled child
And he gave his seat to him

He saw the starlight shining
Streaming from the East
Death was on the rampage
But his heart was now at peace

They battened down the hatches
But the hatches wouldn’t hold
They drowned upon the staircase
Of brass and polished gold

Leo said to Cleo
I think I’m going mad
But he’d lost his mind already
Whatever mind he had

He tried to block the doorway
To save all those from harm
Blood from an open wound
Pouring down his arm

Petals fell from flowers
Tell all of them were gone
In the long and dreadful hours
The wizard’s curse played on

The host was pouring brandy
He was going down slow
He stayed right to the end and he
Was the last to go

There were many, many others
Nameless here forever more
They never sailed the ocean
Or left their homes before

The watchman, he lay dreaming
The damage had been done
He dreamed the Titanic was sinking
And he tried to tell someone

The captain, barely breathing
Kneeling at the wheel
Above him and beneath him
Fifty thousand tons of steel

He looked over at his compass
And he gazed into its face
Needle pointing downward
He knew he lost the race

In the dark illumination
He remembered bygone years
He read the Book of Revelation
And he filled his cup with tears

When the Reaper’s task had ended
Sixteen hundred had gone to rest
The good, the bad, the rich, the poor
The loveliest and the best

They waited at the landing
And they tried to understand
But there is no understanding
For the judgment of God’s hand

The news came over the wires
And struck with deadly force
The love had lost its fires
All things had run their course

The watchman he lay dreaming
Of all the things that can be
He dreamed the Titanic was sinking
Into the deep blue sea

* The veilの意味:ヴェールは、人が死ぬ時につけるヴェールだが、ここでは船が生と死の境を超えたことを意味している。

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。