The Bells Of Notre Dame – 映画:ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame) |ザ・ベルズ・オブ・ノートルダム(ノートルダムの鐘) の歌詞和訳

youtubelogo

ザ・ベルズ・オブ・ノートルダム

(ノートルダムの鐘)

Olim, olim, Deus accelere *
(いつか、いつの日か
成功できるだろう)
Hoc sæculum splendium
(その輝かしい1000年間で)
Accelere fiat venire olim
(その日を実現させよう)

[クロパン]
パリの朝
街が目を覚ます
ノートルダムの鐘の音とともに
漁師は漁へ
パン屋はパンを焼く
ノートルダムの鐘の音とともに
巨大な鐘は
稲妻のように鳴り響く
小さな鐘は
讃美歌のように優しく鳴り
みんなはこう言う
これがこの街の魂
この鐘の音
ノートルダムの鐘だと

さあ聞いてくれ
とても美しいだろう?
様々な音色が
情景を変化させていく
そして君も理解してる通り
鐘は
鐘だけでは鳴らないのさ

[クロパン人形]
鳴らないの?

[クロパン]
鳴らないよ、バカだね
あの高いところ
真っ暗に高くそびえる
塔の中に、不思議な鐘つき男が
住んでいるのさ
そいつの正体は誰だろう?

[クロパン人形]
誰だい?

[クロパン]
そいつは何だろう?

[クロパン人形]
何だい?

[クロパン]
どうして
そんな場所にいるんだ?

[クロパン人形]
どうして?

[クロパン]
静かに…

[クロパン人形]
Ow!

[クロパン]
クロパンが教えてあげよう

これは物語
1人の男と
1匹の化け物の物語

[クロパン]
暗い闇の中
この物語は始まる
ノートルダム近くの港で

[カジモド父]
黙ってろ、わかったか?

[ジプシー男]
見つかっちまうぞ!

[カジモド母]
シー、静かに坊や

[クロパン]
4人のジプシーが、怯えながら
静かにノートルダムの近くの港へ
紛れ込んで来たのさ

[船頭]
銀貨4枚出しな
パリへの通行料だよ

[クロパン]
でももうジプシー達は
罠を張られていたのさ
警戒と恐怖に慄き
空を見上げる
しかしそこに見えるのは
鐘のような
鉄の塊のような
人物

[カジモド父]
判事クロード・フロロー!

[クロパン]
ノートルダムの鐘

Kyrie Eleison
(主よお慈悲を)

[クロパン]
判事クロード・フロローは
この世界から
悪事と罪を消したいと願っている

Kyrie Eleison
(主よお慈悲を)

[クロパン]
そして彼は、自分自身以外の全てに
堕落を感じていた

[フロロー]
この害虫どもを
法廷へと引っ立てろ

[衛兵]
おいそこのお前
何を隠している?

[フロロー]
盗品だ、間違いない
取り上げてしまえ

[クロパン]
彼女は逃げ出した

Dies iræ, dies illa
(その日は怒りに満ちた日)
Solvet sæclum in favilla
(世界は灰となり
崩れていく)
Teste David cum sibylla
(ダビデとシビラの
予言のままに)
Quantus tremor est futurus
(なんて恐ろしいことだろう)
Quando Judex est venturus
(裁きの時が訪れる)

[カジモド母]
聖域を
我らに聖域をお与えください!

[フロロー]
子ども?化け物!

Solvet sæclum in favilla
(世界は灰となり
崩れていく)
Dies iræ, dies illa
(その日は怒りに満ちた日)

[クロパン]
“止めるんだ!” 司祭が叫ぶ

[フロロー]
こいつは邪悪な悪魔です
元いた場所
地獄に送り返そうとしているのです

[司祭]
見なさい、この無垢なる血を
ノートルダムの階段に
お前が流したこの血を

[フロロー]
私は無実だ
逃げたから、捕まえたのです

[司祭]
そしてお前は今
ノートルダムの階段に
子どもの血まで流し
罪を重ねるのか?

[フロロー]
この心は純粋です

[司祭]
お前自身と
お前の部下に嘘をつく事はできる
良心の呵責もないと
言う事もできるだろう
だがこの目から
自分の行いを
隠すことも
逃れることもできない
このノートルダムの
全能の目から

Kyrie Eleison
(主よ、お慈悲を)

[クロパン]
そしてそれは
彼の権力と支配の人生において
たった1度のことだった

Kyrie Eleison
(主よ、お慈悲を)

[クロパン]
フロローの不屈の魂をもっても
恐怖を感じていた

[フロロー]
私はどうすればいいのですか?

[司祭]
この子どもを育てよ
自分自身の子として育てよ

[フロロー]
何?この奇形とともに
家庭を築けというのか…?
わかった、こいつと共に
この教会で暮らしてやろう

[司祭]
ここに住む?どこに?

[フロロー]
どこででも

そう、ただ
誰にも
見る事のできない場所へ
閉じ込めておけばいい

おそらく、鐘楼がいい
ああ、誰に想像できただろうか?
主は我々に
おかしな道を与えるものだ
このような醜い生物であっても
私の役に立つ日がくると
示してくれるかもしれない

[クロパン]
そしてフロローは
その子に酷い名前を付けた
その名の意味は
出来損ない: カジモドと
さあ不思議なことがある
想像してみてくれ
ノートルダムの鐘を鳴らせ
誰が化け物で
誰が人間だろうか?

[クロパン]
鐘は鐘は歌う…
鐘、鐘…
ノートルダムの鐘!

The Bells Of Notre Dame
– 映画:ノートルダムの鐘
(The Hunchback of Notre Dame)

Olim, olim, Deus accelere
(Someday, someday,
God speed)
Hoc sæculum splendium
(This bright millenium)
Accelere fiat venire olim
(Let it come someday)

[クロパン]
Morning in Paris,
the city awakes
To the bells of Notre Dame
The fisherman fishes,
the bakerman bakes
To the bells of Notre Dame
To the big bells
as loud as the thunder
To the little bells
soft as a psalm
And some say
the soul of the city’s
The toll of the bells
The bells of Notre Dame

Listen,
they’re beautiful, no?
So many colors of sound,
so many changing moods
Because you know,
they don’t ring all
by themselves

[クロパン人形]
They don’t?

[クロパン]
No, silly boy.
Up there,
high, high in the dark
bell tower lives
the mysterious bell ringer.
Who is this creature?

[クロパン人形]
Who?

[クロパン]
What is he?

[クロパン人形]
What?

[クロパン]
How did he come
to be there?

[クロパン人形]
How?

[クロパン]
Hush…

[クロパン人形]
Ow!

[クロパン]
and Clopin will tell you.

It is a tale,
a tale of a man
and a monster.

[クロパン]
Dark was the night
when our tale was begun
On the docks near Notre Dame

[カジモド父]
Shut it up, will you!

[ジプシー男]
We’ll be spotted!

[カジモド母]
Hush, little one.

[クロパン]
Four frightened gypsies slid
silently under
The docks near Notre Dame

[船頭]
Four guilders
for safe passage into Paris

[クロパン]
But a trap had been laid
for the gypsies
And they gazed up
in fear and alarm
At a figure
whose clutches
Were iron
as much as the bells

[カジモド父]
Judge Claude Frollo!

[クロパン]
The bells of Notre Dame

Kyrie Eleison
(Lord have mercy)

[クロパン]
Judge Claude Frollo longed
to purge the world
of vice and sin

Kyrie Eleison
(Lord have mercy)

[クロパン]
And he saw corruption everywhere,
except within

[フロロー]
Bring these gypsy vermin
to the palace of justice.

[衛兵]
You there,
what are you hiding?

[フロロー]
Stolen goods, no doubt.
Take them from her

[クロパン]
She ran.

Dies iræ, dies illa
(Day of wrath, that day)
Solvet sæclum in favilla
(Shall consume
the world in ashes)
Teste David cum sibylla
(As prophesied
by David and the sibyl)
Quantus tremor est futurus
(What trembling is to be)
Quando Judex est venturus
(When the Judge is come)

[カジモド母]
Sanctuary,
please give us sanctuary!

[フロロー]
A baby? A monster!

Solvet sæclum in favilla
(Shall consume
the world in ashes)
Dies iræ, dies illa
(Day of wrath, that day)

[クロパン]
“Stop!” cried the Archdeacon.

[フロロー]
This is an unholy demon.
I’m sending it back to Hell,
where it belongs.

[司祭]
See there the innocent blood
you have spilt
On the steps of Notre Dame

[フロロー]
I am guiltless.
She ran, I pursued.

[司祭]
Now you would
add this child’s blood
to your guilt
On the steps of Notre Dame?

[フロロー]
My conscience is clear

[司祭]
You can lie to yourself
and your minions
You can claim that
you haven’t a qualm
But you never can run
from nor hide
what you’ve done
from the eyes
The very eyes
of Notre Dame

Kyrie Eleison
(Lord have mercy)

[クロパン]
And for one time
in his life
Of power and control

Kyrie Eleison
(Lord have mercy)

[クロパン]
Frollo felt a twinge of fear
For his immortal soul

[フロロー]
What must I do?

[司祭]
Care for the child,
and raise it as your own

[フロロー]
What? I’m to be settled
with this misshapen…?
Very well. Let him live
with you, in your church.

[司祭]
Live here? Where?

[フロロー]
Anywhere

Just so
he’s kept locked away
where no one else
can see

The bell tower, perhaps.
And who knows?
Our Lord works
in mysterious ways
Even this foul creature may
Yet prove one day to be
Of use to me

[クロパン]
And Frollo gave
the child a cruel name
A name that means
half-formed: Quasimodo
Now here is a riddle
to guess if you can
Sing the bells of Notre Dame
Who is the monster
and who is the man?

[クロパン]
Sing the bells, bells…
Bells, bells…
Bells of Notre Dame!

* ラテン語部分は ( ) 内に日本語訳。

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。