The Trolley Song – Meet Me in St. Louis – Judy Garland|トローリー・ソング – (セント・ルイスで会いましょう)(邦題:若草の頃) – ジュディ・ガーランド の歌詞和訳

judy-garland-the-trolley-song

youtubelogo

 
The Trolley Song
– Meet Me in St. Louis

– Judy Garland

With her high starched collar
and her high topped shoes
And her hair piled high
upon her head
She went to find a jolly hour
on the trolley
And she found my heart instead

With my light brown derby
and my bright green tie
I was quite the lonesomest of men
I started to yen
so I counted to ten
Then I counted to ten again

Clang, clang, clang
went the trolley
Ding, ding, ding
went the bell
Zing, zing, zing
went my heart strings
For the moment
I saw her I fell

Chug, chug, chug
went the motor
Thump, thump, thump
went the brake
Thump, thump, thump
went my heart strings
When she smiled
I could feel the car shake

I tipped my hat,
I took a seat
I said I hoped
I hadn’t stepped upon her feet
“Say, what’s your name?”,
I lost my breath
She looked so lovely that
it scared me half to death

Oh, buzz, buzz, buzz
went the buzzer
Pop, pop, pop
went the wheels
Stop, stop, stop
went my heart strings
As she started to go then
I started to know how it feels
When the universe reels

I tipped my hat,
I took a seat
I said I hoped
I hadn’t stepped upon her feet
I asked her name,
then lost my breath
She looked so lovely that
it scared me half to death

Oh, buzz, buzz, buzz
went the buzzer
Pop, pop, pop
went the wheels
Stop, stop, stop
went my heart strings
As she started to leave
I took hold of her sleeve
with my hand
And as if it were planned
She stayed on with me
and it was grand just to stand
With her hand holding mine
to the end of the line

End of the line
The end of the line

 
トローリー・ソング
– (セント・ルイスで会いましょう)
(邦題:若草の頃)
– ジュディ・ガーランド

彼女の高くノリづけされた襟と
ハイトップの靴
髪の毛は高く束ねられいる
頭の上のところで
彼女は楽しみの時間を見つけたいのさ
トローリーに乗って
そして、そのかわりに私の心を見つけた

私の淡い茶色の山高帽と
私の鮮やかな緑色のネクタイ
私は寂しがりの男なのさ
憧れるようになったよ
だから、10まで数えて
もう一度10まで数えたんだ

カラン、カラン、カラン
トローリーが行った
ジャン、ジャン、ジャン
ベルを鳴らしながら
ビュン、ビュン、ビュン
私の心がつながった
彼女を見た瞬間に、
私は落ちたのさ

ポッ、ポッ、ポッ
モーターが動いて
ガン、ガン、ガン
ブレーキが鳴る
ガン、ガン、ガン
私の心はつながったのさ
彼女が微笑んだ時に
車両が震えたのを感じたよ

私は帽子を脱いで
席についた
私は言ったよ、願わくば
彼女の足を踏んでない事を願うって
“ねえ、あなたのお名前は?”
私は呼吸を忘れてしまった
彼女は本当に可愛くて
私を半ば死ぬことを恐れさせるんだ

オー、ブン、ブン、ブン
ブザーが鳴った
ポッ、ポッ、ポッ
車輪が行くよ
止めて、止めて、止めて
私の心はつながったのさ
彼女が行ってしまう時
私はどう思うのかを感じ始めたのさ
宇宙がグルグル回ることが

私は帽子を脱いで
席についた
私は言ったよ、願わくば
彼女の足を踏んでない事を願うって
“ねえ、あなたのお名前は?”
私は呼吸を忘れてしまった
彼女は本当に可愛くて
私を半ば死ぬことを恐れさせるんだ

オー、ブン、ブン、ブン
ブザーが鳴った
ポッ、ポッ、ポッ
車輪が行くよ
止めて、止めて、止めて
私の心はつながったのさ
彼女が行ってしまう時
彼女の袖を掴んだんだ
私の手でね
そして、思っていた通りに
彼女は私と留まったのさ
それはただ立っているだけの地面さ*
彼女の手が私の手を掴んでいると
この線路の終点まで

この線路の終点
この線路の終点まで

She stayed on with me and it was grand just to stand の意味:彼女が一緒にいることで、それ以外の全てが無意味で、大地がまるで立つためだけに存在するだけの台座のように感じる様子。

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。