The Windmills of Your Mind – The Thomas Crown Affair – Noel Harrison |ザ・ウインドミルズ・オブ・ユア・マインド(君の頭の中の風車)(邦題:風のささやき) – 華麗なる賭け – ノエル・ハリソン の歌詞和訳

the-windmills-of-your-mind-noel-harrison

youtubelogo

 
The Windmills of Your Mind

– The Thomas Crown Affair

– Noel Harrison

Round like a circle
in a spiral
Like a wheel
within a wheel
Never ending on beginning
On an ever-spinning reel
Like a snowball down a mountain
Or a carnival balloon
Like a carousel
that’s turning
Running rings around the moon

Like a clock
whose hands are sweeping
Past the minutes on its face
And the world is like an apple
Whirling silently in space
Like the circles
that you find
In the windmills of your mind

Like a tunnel that you follow
To a tunnel of its own
Down a hollow to a cavern
Where the sun has never shone
Like a door that keeps revolving
In a half-forgotten dream
Or the ripples from a pebble
Someone tosses
in a stream

Like a clock
whose hands are sweeping
Past the minutes on its face
And the world is like an apple
Whirling silently
in space
Like the circles that you find
In the windmills of your mind

Keys that jingle
in your pocket
Words that jangle in your head
Why did summer go
so quickly?
Was it something that I said?
Lovers walk along a shore
And leave their footprints
in the sand
Was the sound of distant drumming

Just the fingers of your hand?
Pictures hanging in a hallway
Or the fragment of a song
Half-remembered names and faces
But to whom do they belong?
When you knew that it was over
Were you suddenly aware
That the autumn leaves were turning
To the color of her hair?

Like a circle
in a spiral
Like a wheel
within a wheel
Never ending or beginning
On an ever-spinning reel
As the images unwind
Like the circles that you find
In the windmills of your mind

 
ザ・ウインドミルズ・オブ・ユア・マインド
(君の頭の中の風車)
(邦題:風のささやき)
– 華麗なる賭け
– ノエル・ハリソン

螺旋の中の渦みたいに
ぐるぐる回って
車輪の中に閉じ込められた
車輪のようさ
はじめから終わりなんかないのさ
永久に回り続ける糸巻きだよ
山を転げ落ちる雪球のように
もしくはカーニバルの風船かな
ぐるぐる回っている
メリーゴーラウンド
月の周りを流れていく月のかさ

時計みたいさ
両腕を振っているんだ
その顔に過ぎていく時間を刻み*
そして世界はまるでリンゴだね
空いてる場所を静かに
ぐるぐる回るだけ
よくある終わりの無い円運動
君の頭の中の風車さ

君が入っていくトンネル
トンネルそのものへと続いていく
洞窟へと続いてる空虚
太陽なんて決して輝かない所
周り続ける回転扉
半ば忘れてしまった夢の中
小石が水面にぶつかった小さな波
誰かが流れの中に
投げこんだんだね

時計みたいさ
両腕を振っているんだ
その顔に過ぎていく時間を刻み
そして世界はまるでリンゴだね
空いてる場所を静かに
ぐるぐる回るだけ
よくある終わりの無い円運動
君の頭の中の風車さ

君のポケットの中で
音をたてる鍵束
君の頭の中で音をたてる言葉
どうして夏はこんなに
早く去ってしまうのか?
俺が何か言ったせいなのか?
海岸沿いを歩いている恋人達
それぞれの足跡を砂の上に
残しながら
遠くから聞こえてくる太鼓の音

君の手に指を添えて
玄関にかけられた絵画たち
それとも途切れ途切れの歌
思い出しかけの名前と顔
でもそれは誰のものだっただろうか
君が、もうお終いだって言った時
君は突然そう思ったんだね
枯れていく秋の紅葉みたいだ
彼女の髪の毛のような色へと

螺旋の中の渦みたいに
ぐるぐる回って
車輪の中に
閉じ込められた車輪のようさ
はじめから終わりなんかないのさ
永久に回り続ける糸巻きだよ
イメージが解けていく時は
よくある終わりの無い円運動
君の頭の中の風車さ

* 時計の秒針(hand)や文字盤(face)を照らし合わせている比喩表現(コメントにてご指摘いただきました)。

この曲も好きかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。