When I Was Your Man – Bruno Mars|ウェン・アイ・ワズ・ユア・マン(僕が君の男だった頃) – ブルーノ・マーズ の歌詞和訳

bruno-mars-when-i-was-your-man

youtubelogo

 
When I Was Your Man

– Bruno Mars

Same bed but it feels
just a little bit bigger now
Our song on the radio
but it don’t sound the same
When our friends talk about you,
all it does is just tear me down
Cause my heart breaks a little
when I hear your name

It all just sounds like
oooooh…
Mmm, too young,
too dumb to realize
That I should ‘ve
bought you flowers
And held your hand
Should ‘ve
gave you all my hours
When I had the chance
Take you to
every party
Cause all you wanted
to do was dance
Now my baby’s dancing
But she’s dancing
with another man

My pride, my ego, my needs,
and my selfish ways
Caused a good strong woman like you
to walk out my life
Now I never, never get to
clean up the mess I made, ohh…
And it haunts me every time
I close my eyes

It all just sounds like
oooooh…
Mmm, too young,
too dumb to realize
That I should ‘ve
bought you flowers
And held your hand
Should ‘ve
gave you all my hours
When I had the chance
Take you to
every party
Cause all you wanted
to do was dance
Now my baby’s dancing
But she’s dancing
with another man

Although it hurts
I’ll be the first to say
that I was wrong
Oh, I know
I’m probably much too late
To try and apologize
for my mistakes
But I just want you to know

I hope he buys you flowers
I hope he holds your hand
Gives you all his hours
When he has the chance
Take you to
every party
Cause I remember
how much you loved to dance
Do all the things
I should ‘ve done
When I was your man
Do all the things
I should ‘ve done
When I was your man

 
ウェン・アイ・ワズ・ユア・マン
(僕が君の男だった頃)
– ブルーノ・マーズ

同じベッドなのに、
今は少しだけ大きく感じるね
ラジオからは定番の歌、
でも今は同じようには聞こえない
僕らの友達が君のことを話すと、
それが僕に涙を流させる
だって、君の名を聞くと、
僕の心は少し壊れるんだ

それは全部ただ、オーオーオー…
って聞こえてしまう
ンー、気づくには、若すぎて、
バカすぎたんだ
君に花を買ってあげるべき
だったんだってね
そして君の手を握って
僕の全ての時間を君に
捧げるべきだったんだ
機会があった時は
いつだって、
君をパーティーに連れて行く
だって君はいつだって踊ること
だけが大好きだったから
今、僕の彼女は踊っている
でも、違う男と
踊っているのさ

僕のプライド、エゴ、欲望、
そして自己中心的なやり方が
君みたいな強くて素晴らしい女性を、
僕の前から去らせた
今、僕は決して、
決してこの失態を消し去れない、オー…
そしてそれは僕が目を閉じると
いつだってとりついているんだ

それは全部ただ、オーオーオー…
って聞こえてしまう
ンー、気づくには、若すぎて、
バカすぎたんだ
君に花を買ってあげる
べきだったんだってね
そして君の手を握って
僕の全ての時間を君に
捧げるべきだったんだ
機会があった時は
いつだって、
君をパーティーに連れて行く
だって君はいつだって踊ることだけが
大好きだったから
今、僕の彼女は踊っている
でも、違う男と
踊っているのさ

それは苦しいことだけれど
僕がまず始めにいう事は、
僕が間違っていたってことさ
オー、知ってるよ、
僕は多分遅すぎたんだ
僕のミスを
謝ろうとすることが
でも、ただ、君に知って欲しいんだ

彼が君に花を買うことを願うよ
彼が君の手を握ることを願うよ
彼の時間を全て君に捧げることを
機会がある時は
いつだって、
君をパーティーに連れて行くことを
君がどれほど踊るのが
好きだったのか覚えているから
僕がすべきだった
全てのことをしてあげてよ
僕が君の男だった時に
僕がすべきだった
全てのことをしてあげてくれ
僕が君の男だった時に

この曲も好きかも?